老人ホームの種類について

いつか自分が年を取った時、子供には迷惑をかえたくないな、と考えている人もいると思います。そのため老後は老人ホームに入って生活したいと考えている人も多いのです。

老人ホームといっても実は色々な種類があり、施設のサービス内容や入居条件などによってわかれているのです。
養護老人ホームは、経済的な問題や環境の問題などから自宅で生活することが出来ない高齢者が入居する施設です。65歳以上であり、自分のことは自分でできるくらいに動けることが条件となり、市町村からの入居判定をもらう必要があります。

そして特別養護老人ホームは身体的、精神的に障害があり介護が必要となる場合に入居できる施設です。65歳以上で要介護1~5の認定を受けているのが条件となります。

そして軽費老人ホームは60歳以上の比較的健康な人が利用できる施設です。この施設は費用が安いのが特徴で、一人暮らしだと不安だという人にはおすすめの施設とも言えます。

そして民間業者が経営する有料老人ホームというのもあります。施設の設備やサービスなど様々な種類があり、中にはとても高級な老人ホームまであり、趣味などを楽しみながら生活することができるようになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です