常にアンテナを張り、介護へ生かす

介護の仕事は大変です。
身体的に支援の必要な方に、身の回りのフォローをしますので、やはり体力仕事です。

高齢者、精神面に不安を抱える人が対象となるので「コミュニケーション技術」の良し悪しが、相手との信頼関係に左右します。
コミュニケーション上手は、仕事をスムーズに行うための、大事なツールになります。

介護の仕事は、すべてこのコミュニケーションがベースに成り立ちますので、
人と関わることが好き、大切なのは「話を傾聴」できること。
これが出来る人なら、介護職に向いていると思います。

ただ単に、身の回りのお世話の代役の「お手伝いさん」ではいけません。
一人でやれることや、状況を作るために、必要最低限の支援の中で、相手への自立を促せるように、
という考えで介護にあたることが重要です。
ときには看護師のように(医学的な視点)で介護にあたる必要もあります。

家事全般のサポートから、食事や入浴などの身体ケア、
日々の悩みから相手の問題点やニーズをとらえるよう常に「アンテナ」をはり、
質の良い介護を行えるよう、そんな介護者を目指していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です