介護に10年従事して感じたこと

私は、高校を卒業してから、ヘルパー2級を取得してから、すぐに就職をしました。
最初の頃は、正直人に触ることするできませんでした。何故かというと、高齢の方はとっても皮膚や骨などがデリケートで、少しでも力の加減が強かったりすると、怪我や事故につながってしまうからです。

普通の人だったら考えられないのですが、傷つけてしまうのが怖くて、誰よりも解除の時間がかかってしまいました。
1年を過ぎた頃位には、どうしたら負担をかけずに介護ができるかどうかを習得することができました。
介護で大事なのは、自分よりも相手だと思います。
体が思うように動かず、人にしてもらうのを嫌がる方もいますし、どうやったら、相手が嫌な思いや、痛い思いをしなくて済むか?を考えることも介護の一つではないかと思います。

ただやればいいとか、こなせばいいとかいうのは、やっぱりあとあとクレームになるような気がします。
私が10年間、従事してきた中でやっぱり、良い施設は雰囲気が良く、スタッフの仲や業務連絡がしっかりしている所だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です